フルーティーで華やかな芋焼酎「くじら」を解説!

鹿児島県の大海酒造で造られている「くじら」。

大海を豪快に泳ぐクジラのイラストをラベルにした、王道の芋焼酎です。

今回はそんな王道の芋焼酎「くじら」の特徴や歴史、ラインナップも紹介していきます。

1.「くじら」とは

名前がなくイラストだけのインパクトがあるラベル、通称「クジラボトル」。

サツマイモ”黄金千貫”と白麹を使用して常圧蒸留で造られた芋焼酎です。

まずはぐじらの原料と仕込み水、味わいから詳しく解説していきます。

1-1. くじらの特徴

1)くじらの原料

くじらは、地元である鹿児島県鹿屋市の契約農家さんで収穫されたサツマイモ”黄金千貫”を使用して造られています。

大海酒造では、10軒もの農家さんと契約しており、丹精込めて育てた鮮度の良いサツマイモが使われています。そこに白麹が加わり、常圧蒸留で醸造されることにより、軽やかな口当たりで力強い味わいが生まれます。

2)仕込み水

くじらに使われる仕込み水は、鹿児島県ブランドである垂水の温泉水”寿鶴”が使われています。

地下800mから湧き出てきた天然アルカリ水”寿鶴”を使うことにより、味に深みをもたらし、口当たりやわらかでまろやかな仕上がりになります。

1-2. くじらの味わい

地元で収穫された新鮮なサツマイモ”黄金千貫”と、鹿児島県ブランドである垂水の温泉水”寿鶴”を使用して造られることにより、フルーティーで華やかな芋の香りと力強いキリっとした味わいが特徴

ふくよかな甘みもあり、芋の魅力がぎゅっと詰まったスタンダード芋焼酎です。

芋焼酎好きの方だけでなく、芋焼酎初心者の方にも飲んでいただきたい一本です。

ロック、水割りはもちろんのこと、芋の豊かさを引き立たせるお湯割りがオススメ。そのまま飲むだけでなく食前酒としても楽しめる味わいとなっています。

くじら

(出典元:大海酒造株式会社

2. 蔵元・産地

スタンダード芋焼酎である「くじら」は、鹿児島県鹿屋市にある大海酒造で造られています。

大海酒造ではくじら以外にもラインナップが存在します。いくつかご紹介します。

コウケイ芋と黄麹を使用し、減圧蒸留で醸造された芋焼酎「海」。

減圧蒸留で造られている事により、とても軽やかで飲みやすい味わいとなっています。

「芋の香りはちょっと苦手、でも芋焼酎を飲んでみたい」そんな方にオススメしたい一本です。

ロックや水割りはもちろんオススメですが、前割りにして冷やしたものをワイングラスで飲むと、焼酎とは思えないバラのような優雅な香りがしてとても楽しい時間を過ごせます。

海

(出典元:大海酒造株式会社

さつま大海

地元の農家さんが栽培した黄金千貫、白麹を使用して常圧蒸留で造られた、昔ながらの味わいである「さつま大海」。

大海酒造といえば海やくじらに馴染みがある方が多いと思いますが、実はさつま大海が大海酒造の代表銘柄なのです。地元である鹿屋市では毎日の晩酌で飲まれているほど、愛され続けている逸品です。

ロック、水割りでも美味しいですが、芋らしい豊かな香りが感じられるお湯割りがオススメ

さつま大海

 

(出典元:大海酒造株式会社

さつまの海

黄金千貫と白麹を使って仕込まれた原酒を、かなりの軟水である温泉水で25度まで割水して造られた「さつまの海」。

芋らしい豊かな香りと、まろやかな甘さと深いコクが特徴。香り・甘味・コク・キレ、全てにおいてとてもバランスの良い芋焼酎です。

芋の豊かな風味を感じることの出来る、ロックとお湯割りでお楽しみください。

さつまの海

(出典元:大海酒造株式会社

うみ

芋焼酎「海」の兄弟酒である「うみ」。

黄麹を使用し減圧蒸留で醸造された「海」の常圧蒸留版です。

香り華やかで軽やかな「海」に対し、優しい落ち着きのある香りと深みのあるコクが特徴。爽やかさはそのままに、上質な旨味がより際立った味わいとなっています。

ロックや水割りはもちろんオススメですが、ソーダ割りやぬるめのお湯割りも美味しくいただけます。

うみ

(出典元:大海酒造株式会社

海王

芋独特のクセを抑えた美酒「海王」。

芋焼酎専用に開発されたサツマイモ”ジョイホワイト”を使った不動の人気ブランドです。

柑橘系の華やかな香りとすっきりとした味わいが特徴。割水である温泉水”寿鶴”が味に深みをもたらしています。

オススメはロック。少し水を出したロックは食中酒にぴったりの軽やかさです。

海王

(出典元:大海酒造株式会社

3. くじらの歴史

大海酒造が、全国から注目を浴びはじめたのは「海シリーズ」の第一弾「海王」が出荷された平成7年頃からです。

当時、大海酒造が造る焼酎は全体的に飲みやすいものが多く、それまでは若者や女性に敬遠されがちだった芋焼酎を全国に広め、女性を中心に焼酎ファンの底辺を広げてくれた焼酎の一つと言われています。また、可愛いクジラボトルは、女性にも買いやすいと評判でした。

「焼酎が飲めないという人にも飲んでもらいたい」という蔵元の思いが広がり、近年の焼酎ブームの一翼を担った芋焼酎です。

4. 購入方法

海は特約店で購入することができます。大海酒造のHPから検索できますので、ぜひ一度お近くの特約店をチェックしてみてください。

そして、大海酒造のオンラインショップ、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトでも購入可能です。

 

大海酒造HP

https://www.taikai.or.jp/shops/

5. 評判

芋の香りが華やかで力強い味わいのくじら。多くの芋焼酎好きの方を魅了してきました。

実際にくじらを飲んだ方の評判はどうでしょうか。感想を一部紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

“さっぱりした口当たりで、この夏オンザロックで充分楽しみました。”

“私は焼酎が苦手でしたが、この商品を知ってから焼酎に対する評価ががらりと変わりました。”

“偶然飲み屋で出会った芋焼酎がこの【くじら】。種類は並々ならぬ多さ!どの焼酎もハズレなし!”

“芋のよいところばかりが詰まった一本。”

“もう10年は飲んでます。この時期はぬるめのお湯割で飲みます。お花見でもくじらのお湯割が定番ですね。大好きな焼酎のひとつです。”

(出典元:楽天市場

まとめ

芋焼酎のスタンダードであるくじらを紹介しました。

フルーティーで華やかな芋の香りと力強いキリっとした味わいはたいへん飲みやすく、可愛いクジラボトルは女性に買いやすく人気があります。

焼酎には苦手意識のある女性や芋焼酎初心者の方にもぜひ飲んでいただきたい一本です。

匠
投稿を作成しました 33

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る